展示無垢家具の再研磨・オイル仕上げ

大阪市のオーダー家具,造作家具のインテリア会社の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の来店予約

blogスタッフが現場から日々更新

長年展示していたダイニングテーブルを研磨・再オイル仕上げしました。

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

長年、当ショールームで展示されていた天然木のダイニングテーブルを

研磨・再オイル塗装しました。

“油性ペンが天板についても水とメラミンスポンジで擦れば消せる”というメンテナンスの実演で、

天板のあちらこちらにメンテナンスの跡が…。

オイルを塗れば多少馴染みますが、

光に照らして見るとくっきりと擦った跡がわかってしまいます。

こちらがメンテナンス前のダイニングテーブル(ウォールナット材)。

遠くから見ると綺麗に見えますが、近づいてみると…

 

 

擦った跡が目立っています。

 

全体的に見ても天板のいたるところに擦った跡が見えます。

 

この天板全体をやすりがけしていきます。

まず始めは♯120の粗目の紙やすりで研磨。

擦れ跡が目立つところ以外の綺麗な部分も研磨、ひたすら磨きます。

研磨ででてきた木粉を取り除いては研磨の繰り返しで、約1時間。

 

 

この状態でも綺麗ですが、#120のやすりで磨いているので、表面はザラザラしています。

ここから#240(中目)の紙やすりに変えて、また全体的に研磨していきます。

 

 

この時点で実演メンテナンスで研磨した跡はなくなりました。

#240で表面もそれなりにサラサラになりましたが、

最後に#400(細目)のやすりで仕上げていきます。

サラサラな表面に仕上がったあとにオイル仕上げ。

下の画像は研磨・オイル仕上げを終えたあと。

 

とても綺麗に仕上がりました☆

天板表面もサラサラです。

 

 

今回は展示品とあって、天板表面に汚れがなかったので、

時間もそんなにかからずにメンテナンスできました。

ここ最近、ダイニングテーブル天板研磨の依頼がなかったので、

久々に研磨・メンテナンスして楽しかったです。

 

*****************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ  中津井 祐貴
家具メンテナンス / 家具メンテナンス
株式会社リーフ(アールプラスハウス大阪南港)
〒559-0034大阪市住之江区南港北2-1-10ATC ITM棟5FG-1
■tel:06-6613-6311  fax:06-6613-6313
■営業時間:平日10:00~18:30(土日祝19:00迄)
■定休日 毎週水曜日

****************************

  |  一覧へ  |    |  大阪市オーダー家具(造作家具)のTOP

CATEGORY