リビング学習に!デスク代わりにスラントアップ|大阪府でスラントアップならリーフ大阪狭山店へ。

大阪市のオーダー家具,造作家具のインテリア会社の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の来店予約

blogスタッフが現場から日々更新

リビング学習におススメ!スラントアップのご紹介

こんにちは。コーディネーターの大森です。

大阪狭山店では、本日2/27(土)より『アップライトチェア座り比べ体験会』を開催します!

子どもの姿勢守る事を一番に考えている椅子!としてとても人気のアップライトチェアですが、

もう1つ姿勢を守るために作られているものがあります。

それがスラントアップです!

大阪狭山店でアップライトチェアとあわせて、スラントアップも体験して頂けます。

 

以前よりアップライトチェアはよくご紹介させていただいているのですが、

スラントアップはあまり紹介したころがなかったかなと思うので、

今一度ご紹介させていただきますね!

スラントアップを体験できる店 大阪狭山市

スラントアップってどんなもの?って聞かれると

簡単にいうと20度に傾斜した板です。

 

私が初めてスラントアップに出会い、開発者の方にお話を聞いたとき

「本や新聞を読むとき斜めにして読みませんか?」

と聞かれてはっとしました。

確かに本を真っすぐに置いたままは読まないですよね。

これは読むものを視線から垂直な位置にし、目から本全体の距離を均等にすることで

読みやすくなるため、網膜が脳に要求する条件反射だそうです。

そう、人間は本能で斜めにするほうが目が疲れないと言う事をしっていたんですね。

 

でも学校のデスクや一般的な学習デスクはすべて水平。

欧州で学校などでも傾斜天板が当たり前なのだそうです。

考えてみれば当たり前の事だけど、今まで気にも留めておらず目から鱗でした。

 

 

集中力が持続する 傾斜20°

スラントアップは20°の傾斜天板で子どもたちの姿勢を守ります。

天板が傾斜することで、机に向かっている時に、

身体が猫背になるのを防ぎ、成長期の子どもの最適な

学習環境をサポートします。

また、傾斜する天板は、目にもやさしい構造になっています。

水平な天板上の文字を見るよりも、傾斜した天板上の文字の方が、

目と文字の距離が一定に近いため、 全体がはっきりと見やすく、

目にかかる負担を軽減させます。

 

欧州では当たり前の「傾斜天板」

 

開いたその場が学習スペースに

 

LEAF VILLAGE大阪狭山店では、3/20までアップライトチェアと合わせてご体験頂けます。

ご予約なしでもお気軽に体験していただけます。

(※ただし、混みあった場合はご予約のお客様を優先的にご案内させていただきます。よろしければご予約くださいね!)

ぜひ、体験しに来てくださいね(^▽^)/

  |  一覧へ  |    |  大阪市オーダー家具(造作家具)のTOP

CATEGORY