大阪市インテリア会社のお問い合わせ
大阪市造作家具会社のお問い合わせ

blogスタッフが現場から日々更新

天然木ウォールナット材の椅子のグラつき修理

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

ここ最近、当店で椅子を購入された方の修理依頼が増えております。

今日はそのうちの一つをご紹介。

 

15年前に購入されたロッシシリーズ・天然木ウォールナット材のダイニングチェア。

お子様が椅子にもたれて座り、後ろ脚の2本でバランスをとるような座り方で、

次第に後ろ脚と座枠との間に隙間ができ、ぐらつきが生じてしまったので直してほしいとのこと。

左右どちらの連結部分も2mmくらい隙間ができていてグラグラしておりました。

他の連結部分は隙間がなくガッチリと連結されていたので、

問題の箇所の部分のみ分解しました。

 

天然木ウォールナット材の椅子 ロッシシリーズ

 

椅子のグラつき修理 

▲隙間ができている部分。

 

椅子のグラつき修理・分解

▲後ろ足~背もたれにかけての部材と、座枠の部分とに分解。

 

椅子のグラつき修理

 

木ダボとダボ穴に付着した古い接着剤や汚れを取り除き、

この時点で全体的にメラミンスポンジで軽く研磨。

ダボに接着剤を塗布して接合。

L型クランプで固定、翌日、クランプをとってみたら…

 

椅子のグラつき修理

 

無事に接合できていました。

隙間はなく、もちろんグラつきもなく、ガッチリと^^

最後に全体的にオイル仕上げ。

15年も使っているのに傷は確認できず、汚れもほとんどなく、

大事に使っていただいているのだなぁと、

オイルを染み込ませながら思いました。

こういうお客様の家具を修理するときに、

傷や汚れの有無などで、そのお客様の生活が少しわかるのも面白いですね(勝手な想像ですが^^;)。

 

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY