お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

ブラックチェリー材ダイニングテーブルの天板研磨

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

先程のことなんですが、今年初の家具のメンテナンスに行ってきました!

当店でブラックチェリー材のダイニングテーブルを購入された方で、

3年ほど前にも別件の家具の修理で伺ったことのあるお客様でした。

その時もテーブル天板についた染みを気になさっていた様子でした。

そのテーブルがこちら↓ ↓

 

▲この画像だと上半分に染みが集中しています。

 

▲テーブル右側に染みが見えます。

 

▲黒っぽい箇所が染みになります。

最近ついてしまった染みは、お子様が串揚げパーティーをされたようで、

テーブル上に何も敷かずにやられたので、飛び散った油がついてしまったようです。

 

このテーブルのサイズはW1600×D850で、幕板のないタイプのテーブル。

脚を外して玄関外のポーチで作業することになりました。

昨日は雨が降っていましたが、今日は快晴で、外で作業ができてよかったです。

ただ、冷たい風が吹いて寒かったですが…。

 

サンダー(#120)を使ってテーブル全体を研磨。

研磨→乾拭き→研磨→乾拭き…の繰り返し。

地面(毛布)の上にテーブルを置いての作業なので、腰が痛い…。

 

▲研磨の途中経過。まだ薄く染みが残っています。

 

 

 

#120から#240のペーパーに細かくしてひたすら研磨。

ラストは#400で表面がツルツルさらさらになるまで研磨。

私の腰はもう限界を迎えておりましたが、

ラストにテーブル天板を綺麗にしてオイル仕上げ。

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいので、ビフォーアフターを。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓

 

左が研磨前。右が研磨後。

 

お客様のご都合上、5時間以内に仕上げないといけなかったので急いでやりましたが、

綺麗に仕上がったと思います^^

腰が悲鳴をあげるなか、天板を持ち上げてお家の中へ。

脚を取付けて、立たせて、2019年初の家具のメンテナンスは無事完了。

お客様も大変喜ばれておりました!!

今晩は熱い湯船に浸かって、腰を癒したいと思います^^

 

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY