お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

天然木ダイニングテーブルの研磨・オイル仕上げのメンテナンスをしてきました!

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

12月中旬に入ってから家具の修理・メンテナンスの依頼が増え、

対応で毎日が大忙しです。

先日、1日に3件の家具の修理・メンテナンスに行ってきましたが、

その中で一番大変だったのが、

ダイニングテーブルの研磨・オイル仕上げ作業でした。

幅が1500mmのテーブルで、染みや深い傷などはそんなになく、

綺麗な状態だったのですが、

お客様のお住まいがマンションということもあって、

サンダーによる研磨はあまりやらないほうがいいだろうなと思い、

ほぼ手作業ですることになりました^^;

(サンダーだと大きな音がでてしまうので。)

 

▼研磨・オイル仕上げする前

 

この状態でも綺麗でしたが、近寄って見ると、

油性ペンや小さな染み、汚れが所々にありました。

 

まず始めに、テーブル全体をサンダー(#120)で手早く研磨して、

その後はサンダーを使わずに紙やすり(#240)で地道に研磨していきました。

ものすごく大変でした。

テーブル天板の側面や幕板、引出し、脚も全て手作業…。

#240が終わったら次は#320でまた研磨して、

最後に#400で仕上げました。

研磨前はザラザラしてた天板がサラサラに。

木粉を綺麗に落としてラストはオイル仕上げ。

 

 

作業時間は4時間ほどかかりましたが、

サンダーを使えばもっと短縮できただろうなぁ。

お客様もだいぶ喜んでおられて、大変満足されておりました。

これからも長く愛着を持って使っていただきたいです☆

K様、この度はダイニングテーブルの研磨・オイル仕上げのご依頼ありがとうございました!!

  |  一覧へ  |  

CATEGORY