お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

スライド蝶番の種類・調整方法 後編

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

先週は、スライド蝶番の特徴や種類についてお伝えしてまいりましたが、

後編となる本日は、スライド蝶番(扉)の位置調整の方法についてお伝えいたします。

まずはスライド蝶番のそれぞれのネジの役割から。

 

①左右調整ネジ・・・ネジを回すと扉が連動して、左または右に動きます。締め直す必要はありません。

②上下調整ネジ・・・ネジを反時計回りに回して緩めたあと、扉を上または下に動かし、ネジを締め直します。

③前後調整ネジ・・・ネジを反時計回りに回して緩めたあと、扉を前方または後方に動かし、ネジを締め直します。

 

食器棚の左側の扉とスライド蝶番を例に、それぞれ詳しく紹介しますと…

①左右調整ネジ

▲左右扉の間に4mmほど隙間があいています。

この状態の左右調整ネジをみてみると…

▲本体とスライド蝶番との間に隙間はなく、本体に対して蝶番も真っ直ぐで平行になっています。

この状態から左右調整ネジを目一杯まわしてみると…

▲本体と蝶番の間に隙間ができ、本体に対して蝶番はななめになっています。

扉を閉じて確認すると…

▲先ほどの4mmから1mmほどの隙間になりました!

 

②上下調整ネジ

▲上下調整ネジを緩めて、蝶番(扉)を一番下の位置に調整しました。

この状態で扉を閉めて確認すると…

▲左の扉の蝶番の上下調整を一番下の位置にしたので、

右側の扉に対して2mmほど下がっています。

▲今度は蝶番(扉)を一番上の位置に調整しました。

この状態で扉を閉めて確認すると…

▲左の扉の蝶番の上下調整を一番上の位置にしたので、

右側の扉に対して4mmほど上がっています。

 

③前後調整ネジ

▲前後調整ネジをゆるめて、扉を本体側へ押した状態でネジを締め直しました。

この状態で扉を閉めて確認すると…

▲本体と扉との隙間は1mmほどになりました。

 

▲今度は前後調整ネジをゆるめて、扉を手前へ引っ張った状態でネジを締め直しました。

この状態で扉を閉めて確認すると…

▲本体と扉との隙間は5mmほどになりました。

 

扉(蝶番)の位置調整の紹介は以上になりますが、

実際、扉の位置調整は複雑で時間もかかり、

慣れるまで時間がかかると思います。

扉1枚に3つも蝶番がついていたら大変です^^;

メンテナンス担当として、もっと素早くかつ綺麗に扉の位置が調整できるよう、

展示品で練習を積み重ねます!!

  |  一覧へ  |  

CATEGORY