お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

ハウスオブツリー協会のご紹介

100年使い続ける家具とそのシステム構築に取り組む一般社団法人ハウスオブツリー協会。リーフもこの趣旨に賛同し、加入しています。

さて、100年使い続けるとは、具体的にどのような状態を目指すのでしょうか。

結論から言うと次の3つのポイントになります。

メンテナンスしながら使い続けることのできる作りと仕上げ

私たちリーフは扱う家具を全て天然木のオイル仕上げとしています。

天然木本来の肌触りや調湿性を生かすためですが、メンテナンスの時にも大きな効果があります。

通常よく使われているウレタン塗装では傷が付きにくいのがメリットですが、一度ついてしまうと工場に戻して完全に塗膜を落として再塗装しなければならず、コストもかなり高くなるため、捨てられ、買い替えとなる場合が多いのです。

オイル仕上げの場合はご家庭でもメンテナンスがやりやすく、コストも安く済むため結果的に長く使い続けることができやすいのです。

家具の生い立ちが記録できるトレーサビリティ

 

家具のメンテナンスの際には、その家具がどの様な作り方で出来たのか、使われている材種は、使われているオイルは、という情報がある方がスムーズにいきます。

リーフでは20年前のスタート時点からお客様の購買履歴を保管し、いつ、どの様な家具が届けられたか。メンテナンスの記録も保存しています。

 

不要家具を必要な方へバトンタッチするお里帰り制度

 

大切に使っていても、使い続けるつもりでも、ライフスタイルの変化でどうしても手放さぬばならない時もあります。

その様な時もリーフでは家具をお客様から買い取り、メンテナンスの上、次の必要な方へお渡しするシステムを販売する全ての家具に適用しています。(マットレスなどの損耗品、キッチンや吊り戸棚などの造作家具は除く)

 

ハウスオブツリーの活動はまだ始まったばかり。これから仲間が増えていきます。

使い捨てでなく、将来アンティークになり得る家具をたくさんの方々が使っていただける様、頑張ります!

 

 

******************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ 代表取締役 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター
Facebook https://www.facebook.com/atsushi.ikura
株式会社リーフ(シャルドネ大阪南港)
1級建築士事務所 大阪府知事(ロ)第22510号
宅地建物取引業  大阪府知事(1)第56790号
建設業      大阪府知事(般-25)第140355号
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階
TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313
******************************

  |  一覧へ  |  

CATEGORY