引き継がれていく家具たち | オーダー家具キッチンのリーフ大阪南港

大阪市のオーダー家具,造作家具のインテリア会社の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の問合せ 大阪市の造作家具,オーダー家具店の来店予約

blogスタッフが現場から日々更新

住まいにまつわるちょっといい話③  引き継がれていく家具たち

「家具から始める家づくり」リーフの猪倉です。

先日、看護師のお客様で大阪のコロナ対策の基幹病院で働かれている方と少しお話しする機会がありました。治療の最前線の現場はやはり大変なようで「早く事態が収束するように皆さんもご協力お願いします」と言われてました。

もうすぐ始まるゴールデンウィーク。外出もままなりませんが、やはりこのような言葉を直接お聞きすると身が引き締まる思いです。私たちにできることと言えば「不要の外出を避ける」こと。こんな状況下でもライフラインを途絶えさせないために日々奮闘いただいている医療、物流、流通、行政関係者の皆様に少しでもお力になればと思います。

さて、今回も家具や建築の「ちょっといい話」を話をさせていただければと思います。

 

何年か前に訪れた上高地。どこにも行けないGW、せめて写真だけでも。

何年か前に訪れた上高地。どこにも行けないGW、せめて写真だけでも。

 


引き継がれていく家具たち

株式会社リーフはこの6月末で設立20周年を迎えます。

設立当初は今のようにキッチンや住宅までは扱っておらず、もっぱら家具がメインでした。

キッチンももう扱って10年は経っています。

長く、お仕事をさせてもらってるので以前購入されたお客様からメンテナンスや修理のご依頼をいただくことも増えてきました。

その中には、ライフスタイルの変化に合わせて、用途を変えてしまう「家具リフォーム」もあります。

重ね式の食器棚の下台だけ利用してサイドボードにする

ダイニングチェアの足を切ってローテーブル用にする

以前作ったカウンターに合わせて追加のユニットを作る

などなど、様々な内容があります。

今日はその中でも、当社でお買い上げいただいた家具ではないのですが私の中でも心に残る「家具リフォーム」のお話をさせていただきます。

 


Y様のパインキッチン

8年ほど前ですが、当社のお客様のY様が兵庫県のとある住宅地でご新築をされることになりました。

その時に、当社のキッチンを選定していただき、何回かお店に来ていただいて打合せをしていました。

キッチンの素材は明るいパイン材。

ご自宅でパン教室も開かれる予定のY様はお客様が見えられた時にキッチンもインテリアの一部として作りたいというお気持ちがありました。

キッチンのプランはリビングを向いたキッチン(手元は腰壁で隠し)背面の壁側にキッチンカウンターを設けるというプラン。

キッチンと合わせてカウンターもご提案していた時にY様からお話しがありました。

パイン材のオーダーキッチン ご提案パース リーフ大阪南港

パイン材のオーダーキッチン ご提案パース

 


父からの贈り物

Y様のお話とは次のようなものでした。

「実は、数年前に私の父が亡くなったのです。」

「父が私の結婚のときに買ってくれたキッチンカウンターがありまして・・」

「どうしてもそれを捨てれずに新居に持っていきたいんだけど」

「白いエナメル塗装の商品なので、パインにはとても似合わなくて・・・」

ということでした。

して、お持ちだったそのカウンターの写真を見せていただきました。

 

キッチンカウンターの家具リフォーム リーフ大阪南港

 

確かに、表面の素材も、ハンドルも、新規に作らせていただくパイン材の雰囲気とは程遠い・・

しかし、大切な思い出の詰まった家具。

何とか使える方法はないものか・・

そして、私から一つの提案をさせていただきました。

 


家具リフォームという選択

「実物を拝見してみないとわからないのですが・・」

「もし、天板や引き出しが分解できそうだったら家具リフォームという手がありますよ!」

家具の作り方にもよるのですが、しっかりと作られている家具は天板が取り外しできるものがあったり、引き出しの前の板部分が取り外しできるものがあったりします。

それまでも既製品のキッチンの扉だけ入れ替えたこともあったので、一度、実物を見せていただくことにしました。

その結果、天板は取り外しできないけど、引き出しの前板は取り外しできることがわかり、ここだけ、キッチン本体と同じパイン材で製作し、取替することになったのです。

そうして出来上がったキッチンカウンターがこちら

 

キッチンカウンターの家具リフォーム リーフ大阪南港

 

見事に生まれ変わりました。

あたらしく作らせていただいたキッチンとの相性もばっちりです。

 

パインのキッチンと家具リフォームしたキッチンカウンター リーフ大阪南港

 


思いをつなぐ 思いをとどける

 

Y様が喜ばれたことは言うまでもありません。

私たちも、亡くなられたお父様の娘さんを思うお気持ちが詰まった家具を新たに生まれ変わらせて引き継げたことに対して大変うれしく思いました。

きちんと作られた家具は、たとえ用途が変わっても、リフォームによって使い続けることが可能です。

特にご結婚のときの家具は親様の思いが込められているもの。

思いをつなぐ

思いをとどける

そのような仕事に携わることができたのは私の中でも大切な思い出の一つなのです。

 

 

パインのオーダーキッチン リーフ大阪南港

 

 

 


大阪のオーダー家具はリーフ大阪南港

*****************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ 代表取締役 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター
株式会社リーフ

******************************

  |  一覧へ  |    |  大阪市オーダー家具(造作家具)のTOP

CATEGORY