お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

神戸 北野異人館巡り

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

毎週のようにあった家具の修理・メンテナンスはだんだん落ち着きをみせ、

代わりに次は洗面台やキッチンの取付けが続くことになりました^^;

そんな中、先週の休日に神戸の北野異人館に行ってまいりました。

兵庫県内に長年住んでいながら、まだ行ったことがなかった北野異人館。

前館まわろうと思って午前中から行ってきました。

 

萌黄の館

アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建築された、「国指定重要文化財」の異人館

 

風見鶏の館

ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物で、国指定重要文化財となっています。

部分修理工事をやっていましたが、通常通り館内へは入れるとのこと。

 

 

香りの家 オランダ館

元オランダ総領事邸。花と風車の国にちなんで、オリジナル香水が作れるとの事。

普段、香水はつけませんが、旅の記念にとオリジナル香水をつくっていただきました^^

事前アンケートや香りの好み、好きな色や音楽などを元に製作。

いろいろなものを調合してもらった結果、爽やかな柑橘系の香りになりました☆

 

うろこの家

国登録有形文化財、兵庫住宅百選の一つにも指定された館。

外壁の天然スレート石の形状が魚のうろこに見えることからこの名になったそうです。

 

…ひとつずつ紹介していくのも長くなってしまうので、ここからは省略で^^;

萌黄の館→風見鶏の館→オランダ館(デンマーク館&オーストリアの家)→うろこの家から次は山手八番館へ行き、

それから北野外国人倶楽部→坂の上の異人館(旧中国領事館)へと行ってきました。

 

▲願いの叶う『サターンの椅子』(山手八番館)

向かって左側が男性用、右側が女性用です。もちろん座りました。願い事は…秘密です。

▲北野外国人倶楽部(外国人たちの社交場として賑わっていたものを再現)

▲坂の上の異人館(旧中国領事館)

 

ここまででだいぶ陽も傾いてきたので、

北野通り沿いにある「ベンの家」、「仏蘭西館」、「英国館」はサササッと見て回ってきました。

こんなにも見応えがあるとは思っていなくて、

時間配分を考えてまわるべきでした^^;

どこの館も今はクリスマス仕様になっていましたよ☆

平日にも関わらず観光されてる方は多く、

今だと神戸ルミナリエ(12月8日~12月17日)の影響でもっと人は多いのではないでしょうか。

以上、中津井のスタッフ日記でした☆

 

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY