お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

Tさまへウォールナット材の円形ダイニングテーブルをお届けしました~♬

こんにちは。リーフ家具部:上森です。

昨年、たまたま当店を見つけて頂き、当日、A-4チェアを6脚お買い上げ下さったTさま。

10月に再びご来店下さり、ダイニングテーブルをご注文下さいました。

A-4チェアをご注文下さった時は、実はダイニングテーブルをお探しでのご来店でしたが、

まさかのお椅子を先に決めて頂き、テーブルはまた今度との事で、1年越しでのご注文となりました。

Tさまに限らず、ダイニングセットをお探しの方は、大体テーブルからお探しの方が多いのですが、(恐らくお部屋の広さとの関係上)

・・・でも、実は≪椅子からお選び頂くのがオススメ≫ポイントなのです☆

椅子は、毎日お使い頂くので、座り心地はもちろんの事ですが、どこから見ても美しいデザイン性やお家の中でも一番、動かして負担が掛かる家具なので、軽さや強度まで、こだわるポイントがたくさんあるからなのです。

まずは、椅子を先にお選び頂き、そのチェアに合ったテーブルを決めて頂くのが、一番オススメです。

すでにお使い頂いているA-4チェアは、そのデザイン性や座り心地にも繋がる、肘が特徴なのですが、それ故にテーブルは肘が入るかどうかが、今回のテーブル選びのポイントとなりました。

それから、今までは長方形のテーブルをお使いで、6人掛けだと長手方向になると手が届かなくなるので、

困っているとの事で、丸い円形のテーブルで椅子が6脚入る大きさでとのご希望でした。

初めは、円の直径が150cmでお考えでしたが、6脚入れてお使いになるのは年に1、2回程度で、普段は3、4脚入れて使うので、あんまり大きくするとお部屋の中で、圧迫感が出てしまうので、お店に展示している丸テーブルで、検証して高さは肘が入る高さで、且つ天板の厚みも考慮して、直径も6脚納まる大きさの125cmで製作させて頂きました。

基本テーブルは、天板と脚が分かれているので、まずは、脚から。裏返してフェルトを貼ります。

続いて天板を乗せます。

天板と脚をボルトで固定します。

天板の裏には、反り止めの鉄板がしっかり入っています。

ちゃんと6脚入れて座って頂けます!!

 

天板の大きさをあと25cm大きい150cmにしていたら、キッチンからの通路が通れなくなるから、この大きさで良かった!!と言って下さいました☆

丸テーブルだと、左右に顔を動かさなくても、座っているみんなの顔が見渡せるので、会話が弾むと言われます。

これから、奥様の美味しいお料理を囲んで、お食事時には、楽しいご家族の会話が弾む事でしょう。

Tさま、椅子もテーブルもずっと可愛がって頂けたら、幸いです♡

この度は、本当に有難うございました☆★☆

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY