お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

ダイニングテーブルの引出し修理と木製レールの修復

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

今秋になって、家具の修理やメンテナンスの依頼が絶えず、

毎週どこかの現場へ伺って修理・メンテを行っておりますが、

本日はその内のひとつの事例をご紹介。

米ツガ材の座卓(元はダイニングテーブル)で、

引出しと、その内側のレールの修理になります。

 

▲引出しの前板が外れかかっています。

 

▲引出しを外した状態の内部です。レールが両側とも割れています

 

 

この方は南港店ではなく、別のシャルドネのお店で購入された方で、

ほとんどの家具をそこのシャルドネ店で揃えられたようです。

一度ご訪問させていただいて、不具合の箇所の調査と引出しのみを引き取り。

お店に戻ってレールを工場さんに発注し、

引出しのほうは私が修理いたしました。

 

 

引出しのレールの方は、再度お客様のご自宅に伺い、取り付けてきました。

当初、既存のレールを全て外して新品と交換して付ける予定でしたが、

割れていない部分のレールは綺麗でしっかりとついていたので、

そのまま使うことにして、割れた部分のみ修復することにしました。

 

▲傷んだレール部分をカットし、レール溝の部分もキレイに掘って研磨。

 

▲接着剤を付けた新しいレールを溝にはめ込み、さらに小さな釘で固定。

 

▲反対側も同様に新しいレールを付けました。

 

既存のレールはしっかりと溝にはまっていたので、

これを全て綺麗に取り除いてからの新品レールの取付けとなると、

相当時間がかかっていたと思います。

引出しもスムーズに開け閉めができ、

お客様も大変喜ばれ、お礼にと珈琲とお菓子をいただいちゃいました^^

T様、この度は南港店にお問合せいただき、有難うございました!!

次のメンテナンスは…京都へ。

その方も他府県のシャルドネ店で家具を購入された方。

食器棚のスライド蝶番と取っ手を交換しに行ってきます!

メンテの秋はまだまだ終わらない。。。

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY