お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

リユース家具のメンテナンス 後編

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

かなり間があいてしまいましたが、

前回のリユース家具のメンテナンス中編の記事から、

2回目の研磨と仕上げの研磨を終えたところで、

オイル仕上げの様子をお届けいたします。

前回の“リユース家具のメンテナンス 中編”はコチラから。

前編の記事はコチラです。

 

使用するオイルは当店で販売しておりますシャルドネオリジナルオイル。

亜麻仁油やひまわり油など植物が成分で、体に無害なオイルです。

 

①オイルがけする前に、ほこりや汚れをよく拭き取ります。

②布にオイルを少量染み込ませます。

③薄くのばすように、木目に沿って塗り込んでいきます。

④その後、約半日放置しておきます。

(夜に塗り込めば、翌日の朝食時には乾きます。)

 

左の引出しはオイルがけする前、右側はオイルがけしたあとになります。

オイルを吸い込んだ右側の材面は濡れ色になって、

艶が出て良い感じに仕上がっています。

全体的にオイルを塗って、扉を取付けて、生まれ変わった姿がコチラになります。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

もともと汚れや傷は少なかったので、お手入れをしてさらに綺麗に仕上がりました!

新品同様ですね(笑)

ただ、こちらのリユース家具はブラウン管テレビ用に作られたボード。

薄型テレビを置くにしてもサイズが大きすぎるし…

置くとしたら、水槽とかコレクションケースとかでしょうか。

生まれ変わったこちらのリユース家具は、

当店で展示・販売しております。

  |  一覧へ  |  

CATEGORY