お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

Iさまへオーダー家具のシューズボックスをお届けしました~♪

こんにちは。リーフ家具部:上森です。

『玄関にぴったり納まるシューズボックスが欲しい』とご相談にご来店頂いたI様。

≪樹種選び≫から、≪サイズ≫はもちろん、≪扉のデザインや取っ手≫に至るまで、ひとつひとつご要望を伺いながら、プランさせて頂きました。

お客様と一緒にお話ししたり、考えさせて頂きながら、

≪世界にたったひとつの家具を設計出来るのがオーダー家具の一番の醍醐味≫だと思うので、

こんなに楽しい仕事が出来て、幸せだなぁ・・と最近つくづく感じています。

製作に入る前にお家に伺って、採寸・現調した時は、キャビネット本体に脚を付ける予定でしたが、

お家の構造体の柱へキャビネットを乗せる事が出来るのと壁内部の木桟にビス固定出来るので、

脚は無くして、玄関タイルから浮かせた様に見える壁面固定の造作家具でご提案しました。

脚がないとスッキリするだけでは無く、玄関タイルを水洗いする時にも、

お手入れして頂き易いので、云う事なしです!!!!

ご提案内容の手描きのイメージパースをご覧頂き、仕上がりをイメージして頂きます。

浮いた様に見えるデザインが今回の一番のポイントです。

こちらのプランでOKを頂き、『とても楽しみにしています。』 と言って頂き、とても嬉しい反面

ちゃんと納まるかちょっと心配&緊張・・・。

いよいよ、納品当日です。

明るいカバ桜材でお造りしたシューズボックスです。取っ手も同じ材で出来ていて、とても可愛いのです♪

早速、お家の中へ設置していきます。

搬入前の玄関の様子。

玄関タイルの上の梁の上に設置します。

壁面内の木桟を狙って、ビスで壁面固定をしています。

壁面固定完了!!!!

可動棚を入れていきます。

扉も取付しましたーー!!

扉を開けるとこの様になっています。

床面から浮いた様な感じでとても軽やかに納まりました。

脚がないので、玄関タイルのお掃除も楽にして頂けます。

下から覗いても化粧を施してあるので、綺麗です。

巾木のサイズにあわせて目地板を入れています。

巾木の切欠きを入れているので、

横から見るとこんな感じです。

天板も綺麗に納まりました!!

玄関ドアを開けても、出っ張らずスッキリ♫

シューズボックスの奥行も男性の靴がちゃんと入りますが、奥様とご主人様のご要望でしたので、

出来る限り奥行が出ないサイズでお造りしております。

これから、ご家族皆様に可愛がって頂き、お出かけ・お帰りの時に活躍してくれる事を祈ります。

Iさま、この度は本当に有難うございました~☆

 

 

 

 

 

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY