お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

キッチン設計者の悩み

「家具から始める家づくり」リーフの猪倉です。

今日は、キッチンのお話を。

今まで展示していたキッチンが入替の時期を迎え、新しいデザインのキッチンを導入することになりました。

天板には一度使ってみたかったクォーツストーンを使用することに決定(上の写真)

今までは天然大理石を使っていましたが、かなり重く、天板を2分割しないといけない為、取り扱いしやすく、天然石の趣があるということで採用。

問題は、どのような機器を組み込むか。

キッチンを設計するには本体となるキャビネット部分だけではなく、機器類、レンジフードやガスコンロ、IHヒーター、食洗器、シンク、水栓金具などの選択も大変重要になります。

もともとオーダー家具を得意とする我々は天板キャビネットは何とでもなりますが機器は仕入になるため、メーカーの都合による廃盤、製造中止などに振り回されがち。

今回はステンレスにセラミックコーテイングを施しているシンクを予定していましたが、情報によると近く製造中止になるとのこと。

新キッチンの図面もほぼほぼできていたのですが急きょ発注を取りやめてシンクの代替品を探すことに

 

 

見た目の美しさは人工大理石のシンクもきれいなのですが、これが一番メリットを発揮できるのは同じ素材の人工大理石の天板にシームレスの一体成型をしたとき。

すでに展示品に採用しているのでこれはパス。

 

 

コストを抑えれて扱いやすいステンレスシンクは案外、クォーツストーンに似合いそう。

しかし、これもステンレス天板と一体成型の方が使い勝手がいいし、展示もある。

 

 

ということで、今検討中なのが昔ながらのホーローシンク。

ぼてっとした厚みのある質感で、なにより汚れがつきにくいのがメリットと言えます。

現在、仕入れ先からどのような種類があるか情報収取中。

今月末までにすべて決定し発注の予定。

9月初めには新作キッチンが店頭に並ぶと思います。

どうぞお楽しみに!

 

ということで「社長ブログ」も無事100回目を迎えました(^^)

これからもつたない文章ですが書き連ねていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

 

******************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ 代表取締役 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター
Facebook https://www.facebook.com/atsushi.ikura
株式会社リーフ(シャルドネ大阪南港)
1級建築士事務所 大阪府知事(ロ)第22510号
宅地建物取引業  大阪府知事(1)第56790号
建設業      大阪府知事(般-25)第140355号
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階
TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313
******************************

  |  一覧へ  |  

CATEGORY