お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

文月に想いのこもった食事を頂く

お品書き

 

毎月参加している経営者仲間の勉強会「盛和塾」。

昨夜は年間の折り返し点ということもあり、立派なお料理をいただいての納涼会となった。

食事を提供していただいているのは塾生でもある三木勝正さんが経営する四季彩々みき(有限会社ケーエムフーズ)さん。

食材の一つ一つに心とこだわりが込められているだけでなく、見た目も大変美しい。

味付けも、天然、自然素材にこだわり、とても優しい。

七夕の意味も教えていただいたので、美しいお料理と共に、ご紹介。

 

鱧の棒寿司 ふり柚子

鱧の棒寿司 ふり柚子

 

夏感満載の鱧の棒寿司。

ところどころに見える沢蟹は唐揚げにされていてビールや日本酒にとても合う。

 

 

上 なにわ伝統野菜毛馬胡瓜と加賀伝統野菜金時草、てのしこんにゃくの割ポン酢和え
下 本つぶ貝 茶豆 すし飯 紫蘇のうす葛あん

 

なにわ野菜と加賀野菜のコラボ。毛馬胡瓜はしっかりとした食感。

つぶ貝や茶豆の一つ一つもおいしい。

 

島根県高津川の天然鮎の炊き込みおにぎり ちぎり木の芽 鶴の子大豆 うすあえ 人参

 

炊き込みおにぎりの天然鮎は全く臭みがなく良い風味。

天然の鮎は川のコケを食べて香りがつく。

6月末から7月のこの時期が一番川のコケが青々し、それを食べた鮎の香りも増す時期という。

 

上 加賀野菜甘栗南瓜のポタージュ 広島じゅんさい
下 アオリイカ素麺 生うに 花穂 旨出汁

 

じゅんさいの入ったコップには後で甘栗南瓜のポタージュスープが注がれた。

アオリイカ素麺と生うにのコンビネーションもおいしい。

ちなみに、七夕は五節句の一つであり、七夕の行事食は素麺とのこと。

食材の旬と日本伝統の文化は密接に結びついている。

 

紫じゃがいものポテトサラダ トマト ズッキーニ

 

見た目もとってもフォトジェニックな紫じゃがいものポテトサラダ。

色の感じからは案外とあっさりした甘さでしつこくない。

 

文月 七夕(たなばた・しちせき)の節句

食事に添えられていた七夕の解説。

季節ごとの風習や、旬の食材、固有種。

他の生命を「いただく」ことによって生かさせてもらっている感謝の心とともに未来へ引き継いでいきたい。

 

「四季彩菜みき」さんのWEBサイト

 

日本の食文化と食材を守り、広めていこうとする三木さんの活動は理念と経営が一致した素晴らしいものだと思う。

私たちが目指す住空間への想いと繋がるところもあり。

自分たちが作り上げた空間のなかで三木さんの食材を使った料理を提供できるようにしていきたいと思った。

ご馳走様でした。

 

******************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ 代表取締役 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター
Facebook https://www.facebook.com/atsushi.ikura
株式会社リーフ(シャルドネ大阪南港)
1級建築士事務所 大阪府知事(ロ)第22510号
宅地建物取引業  大阪府知事(1)第56790号
建設業      大阪府知事(般-25)第140355号
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階
TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313
******************************

  |  一覧へ  |  

CATEGORY