お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

キッチン水栓金具の取り換えにお伺い

 

八尾市のお住まいのT様。10年前に当社で天然木キッチンをお買い上げいただいてから、玄関収納やお嬢さんのデスク、リビングのソファなどいろいろとそろえて頂いているお客様。

今回はそのキッチンの水栓金具から水が漏れるということで来店された。

お話を伺うと、蛇腹ホースのところが濡れているという。

最近は、ホースが伸縮式の水栓金具が多いが、キャビネットの内部ではU字型に曲がっており、長年の使用で亀裂が入り、水がにじむことが多い。

10年前の商品でパーツ取り寄せもむつかしいことから新しい水栓金具に取り換えることになった。

 

 

 

いつも、新築やリフォーム工事でお世話になってる水道屋さん。

急な依頼でも時間をやりくりしてきてくれるのでありがたい。

10年間締まっていた水栓金具の固定ネジが結構固く、二人で協力しながら取り外す。

 

 

新しく取り付けたのはドイツの水栓金具メーカー、グローエ社のミンタ。

シンプルなデザインで、機能性もあり、人気のシリーズだ。

海外メーカーの中ではアフターメンテも充実していて、安心してお勧めできる。

 

 

水栓金具のセレクトの時に気を付けなければいけないのは座の大きさとシンクとの相性だ。

写真でもわかるように、結構ぎりぎりに収まっている。

これ以上、座の直径の大きい水栓金具だと、シンクの手前側に飛び出したり、後ろのあごの部分に当たって取付できないことも。

またレバーハンドルの可動域なども考えておかないと、アンダーシンクの場合、レバーが干渉して操作できないこともあるから要注意。

水栓金具を取り換えたいときはご自分だけで選ぶのではなく、できれば専門家と相談されることをおススメする。

 

ちなみに、よくある水栓金具の不具合としては、ハンドルを閉めても水がぽたぽた漏れるというもの。

これはカートリッジと呼ばれる、ハンドルと連動して動くパーツに切りくずや砂などが間で傷がついているのが原因であることが多い。

正直言って、海外のメーカーで一部の商品はこのカートリッジが弱く、すぐに水漏れが始まってしまうものもある。

そこでカートリッジを購入して交換となる訳だが、この価格も1万円近くするメーカーもあれば、無償で提供してくれるメーカーもある。

購入の時にはアフターメンテナンスの時のコストも販売店に確認しておいた方がいい。

国産のメーカーははやり頑丈でなかなか水漏れも発生しない。

多くの水栓金具メーカーは保証期間を1年から2年としているが、自分の今までの経験上、輸入水栓は1年から5年ぐらいでどこかに不具合が生じる場合が多い。

国産だと5年は持ってくれるが10年目ぐらいになると、そろそろ交換時期だ。

使われる地域によっても持ちは違ってくるが、水栓金具も消耗品。パッキンやカートリッジの取り換えが数年に1度は発生するということ、本体から水漏れしだしたら交換の時期であることをあらかじめ知っておいたうえで選ばれることをおススメする。

 

******************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
株式会社 リーフ 代表取締役 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター
Facebook https://www.facebook.com/atsushi.ikura
株式会社リーフ(シャルドネ大阪南港)
1級建築士事務所 大阪府知事(ロ)第22510号
宅地建物取引業  大阪府知事(1)第56790号
建設業      大阪府知事(般-25)第140355号
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階
TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313
******************************

  |  一覧へ  |  

CATEGORY