お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

革取っ手からワイヤー取っ手への交換!メンテナンスにお伺いしました。

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

先日のスライド丁番の交換に引き続き、今回は取っ手交換のお話です。

ご依頼内容は、現在お使いのドレッサーの革取っ手のひとつがちぎれてしまったので、

その部分を含め、全ての革取っ手をワイヤー取っ手に付け替えてほしいというものでした。

革取っ手もワイヤー取っ手も形状は同じで、違いは革かワイヤーかということだけでした。

 

IMG_2809

 

革取っ手は、小さい部分ですがアクセントになって可愛いですよね^^

ですが、革なので使っていくうちに切れてしまうこともあります。

今回のご依頼主様の革取っ手も、今後切れてしまう可能性があるかもということで、

全ての革取っ手をワイヤーに付け替えてほしいということでした。

この取っ手の取付け方法は、家具の引出しや扉にあいてある取っ手用の穴にベース部分を差し込んで、

引出しや扉の裏からネジで固定するというもの。

 

取っ手の形状も一緒で、ただ単にネジを外して付け替えるだけと思われるでしょうが、

(最初は僕もそう思っていました。)

そう簡単な作業だけではいかない、大きな作業が待ち受けていたのです…。

 

IMG_2810

 

上の写真を見ていただいて、

形状は一緒…のようですが、実はベース部分の大きさに少し違いがあるのです。

革取っ手の雌ネジの直径は約6mmで、ワイヤーの方は約8mm。

もちろん、家具本体の穴も直径は約6mmほどなので…このままではワイヤー取っ手が入らない!!

ということで、家具本体の穴を拡張する作業をしなければいけなくなりました。

 

メンテナンスに行く前に、この違いに気付いていたので、

電動ドリルでちょっとばかり練習することにしました。

すでに穴があいてあるところを更に拡張するのは難しく(電動ドリルなので)、

はじめは手こずりましたが、練習を積み重ねて、コツもつかみました。

今回は7カ所の取っ手の交換で、穴の拡張は14ヶ所もあるのです!

準備が整ったところで、いざお客様のお家へ。

コツはつかめましたが、内心ドキドキでしたw

お客様のお家へお邪魔させていただいて、ドレッサーとご対面。

 

IMG_2757

 

ドレッサー自体はとても綺麗で、大事に使っていただいてるご様子でした。

ご依頼主様に作業の流れや穴の拡張作業のことをご説明して、作業開始!

まずは全ての革取っ手を外す作業から。

IMG_2759

そしてドリルで穴の拡張作業。

慎重に、ゆっくりと。

IMG_2761

左はそのままの穴で、右が拡張した穴。

汗を流しながらも、1つずつ、丁寧に。

IMG_2762

 

ミスもなく、一つ一つ交換を終え…

無事に全ての取っ手を交換することができました!

 

IMG_2763

 

IMG_2764

ご依頼主様もとても喜んでいただき、僕も一緒に喜んでいました!

全て無事に交換し終えた時はもちろん嬉しかったですが、

それ以上に、ご依頼主様の笑顔を見られて嬉しかったです^^

 

最後に、今回の作業で使用した工具類は、

電動ドリル、プラスドライバー、ラジオペンチ、紙やすり#400、メンテナンスオイル、でした。

  |  一覧へ  |  

CATEGORY