お問い合わせ
資料請求

blogスタッフが現場から日々更新

モールテックスの基礎施工講習に行ってきました!

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

先日、モールテックスの基礎施工講習を受けに明石まで行ってきました!

モールテックスとは、ベルギーのBEAL社が開発したセメント系の左官仕上げの材料のことで、

薄塗りでも非常に硬く、弾力性も備えている左官材になります。

防水処理を施すことで、水回りにも使えるという優れもの!

家具やキッチンはもちろん、新築、リフォーム、リノベーションを問わず、

様々なシーンで幅広いデザイン性を実現できる新素材になります。

 

 

 

 

基礎講習なので、モールテックスの座学から施工方法を実際に行ってみる講習となっていたのですが、

私自身、左官自体は少しかじった程度しかやったことがなかったので、

上手に塗れるかどうか、講習が始まる前まで心配しておりましたが、

講師の方のわかりやすい説明と指導で、全くの初心者の私でも仕上げることができました。

ちなみに講師の方は、おそらく日本で最もモールテックスを施工している人とのこと。

 

午前から講習は始まり、座学である程度知識を学び、

それから実際に練習用の板に塗るという作業で進みました。

板に塗る作業はもちろん難しかったのですが、

その前の工程である材料の計り方や混ぜ方が難しかった印象。

決まった分量で混ぜ合わせないと塊になってしまったりしてうまくいかず、

また、きちんと混ぜないと色むらができてしまったりと、

一つ一つの工程をきちんとしないといけないとのことでした。

 

▲きっちり計った主材液と顔料を混ぜ合わせているところ。

バケツを傾けて底に顔料のダマがないかチェックしながら混ぜていきます。

 

▲塗ってしばらく乾燥させてからサンダーがけ作業。

 

▲サンダー後、たっぷりの水で洗います。

 

 

▲水拭き後、汚れ防止剤を塗布。浸透性の防止剤は4種類ありました。

オイルや蜜蝋ワックスなど、天然木家具でつかっているものとほぼ同じでした。

 

 

仕上げる人によって味がかわってくるので、とても面白い左官塗材だなぁって思いました。

リーフでも家具やキッチンに塗って販売したいところ…ですが、まずは練習がかなり必要だなとも思いました。

基本、なんにでも塗れるとのことなので、何に塗ろうかワクワクしますね^^

天然木×モールテックスの家具やキッチン…早くやってみたい!

年内中にできたらいいな☆ではでは^^/

 

  |  一覧へ  |  

CATEGORY